おもてなしの知識問う「観光マイスター」試験 茨城県、来月7会場で

茨城新聞
2016年9月1日

県は本県観光の魅力を伝える「いばらき観光マイスター」の試験を10月23日、7会場で行う。茨城国体や東京五輪の開催を控え、おもてなし強化のため、県内観光地に関する知識や観光客への対応力に優れたマイスターの拡充を目指す。

同制度は、本県の魅力度向上を目指して施行された「いばらき観光おもてなし推進条例」を基に、昨年度創設した県の認定制度。昨年は366人が受験し、282人が合格した。

試験は全50問。県の観光サイト「観光いばらき」で公開する「いばらき観光マイスターガイドブック」から出題する。

合格者には「いばらき観光マイスター」の認定証と上級の「観光マイスターS級」の受験資格が与えられる。

受験は無料。対象は県内在住・在勤・在学者。試験会場は、水戸、日立、常陸大宮、鹿嶋、土浦、筑西6市の7会場。試験時間はいずれも午後1~2時。結果は11月、観光いばらきホームページで公表する。

申し込み締め切りは9月23日。希望者は必要事項を記入し、県観光物産課戦略グループ内「いばらき観光マイスター認定試験係」へメールか、はがきで申し込む。申込用紙は観光いばらきサイトからダウンロードする。問い合わせは同課(電)029(301)3617

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

茨城県内83店舗参加、県産イチゴPR 25日から

すぐ近く
茨城

稀勢「熱い声援後押し」 県庁で県民栄誉賞授与

すぐ近く
茨城

「来年も茨城の魅力PR」 大使の磯山さやかさん

すぐ近く
茨城

茨城産クリ・さしま茶 「午後の紅茶」とコラボ 24日発売

すぐ近く
茨城

いばらきセレクション125 ガイドブック、発行

約270m
茨城

水戸の梅まつり 大使10人がPR

約270m