コスモスの種まき、SL新名所に 真岡鉄道 観光協会「マナー守って見物を」

下野新聞
2016年8月30日
CNTS2016082502083_BaseImage_R

 【真岡】桜並木と菜の花の間を真岡鉄道のSLが駆け抜ける東郷の春の観光名所「桜・菜の花街道」(通称)を秋も誘客につなげていこうと、近隣住民で組織する「みや通り街なみ協議会」(藤枝光充(ふじえだこうじゅう)理事長)がこのほど、同所の沿線約65アールの休耕田にコスモスの種をまいた。順調にいけば市内でイベントが集中する10月9日前後に見ごろを迎える予定。市観光協会も開花時期などを周知するポスターを製作して初の試みを後押しする。

 同街道は、北真岡駅から観光施設「真岡りす村ふれあいの里」付近までの約800メートル。同地区住民が毎春、市などの補助を受けて菜の花を育成管理し、見事な景観をつくり出ている。

 同街道を巡っては、同鉄道が今春、鉄道ファンとみられる人に踏み荒らされた菜の花の写真をフェイスブックにアップし、マナーが大きな問題になった。同観光協会は鉄道ファンに対しては「マナーを守って見物してほしい」とし、「小さい子どもも含め誰もが安全に楽しめるよう、三脚などは持ち込まないでほしい」と訴えている。

[写真説明]コスモス街道のイメージ(市観光協会提供)

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

真岡の「いちご飯」、知名度アップへ協議会設立

約850m
栃木

電飾SL、今年も登場 真岡鉄道で27日、多彩に催し

約1.7km
栃木

SLとコスモスの共演 新名所目指し住民が企画 真岡

約1.7km
栃木

鋼と煙の威容、来場者の目輝く 真岡で「SLフェスタ」

約1.7km
栃木

「道の駅ましこ」内覧会 県内24カ所目、15日オープン 益子

約6km
栃木

道の駅ましこオープン 県内24カ所目、展示企画第1弾は染織作品展

約6km