JR石岡駅東口にBRTターミナル 完成祝い式典

茨城新聞
2016年8月30日

石岡市と小美玉市などを結ぶ鹿島鉄道跡を利用したBRT(バス高速輸送システム)の専用ターミナルが、石岡市のJR石岡駅東口側に完成し、29日、関係者を招いて開通記念式典が行われた。これまで利用者は同駅西口の発着場で乗降していたが、小美玉市の茨城空港方面へは同駅東口の同広場から乗降できることになり、利便性が向上する。利用開始は9月1日。

完成したのは、関鉄グリーンバスが運行する「かしてつバス」専用の「空港バス発着広場」。今年3月、石岡駅の橋上駅と東西自由通路が完成したのに伴い、整備された。

式典では、両市や同バス、JR関係者が出席する中、テープカットや石岡商業高の吹奏楽演奏で祝った。今泉文彦石岡市長は「これからも、沿線住民の通勤通学の手段、茨城空港へのアクセスなどで、利便性の向上を図っていきたい」とあいさつした。

石岡市と小美玉、鉾田両市を結ぶ鹿島鉄道は2007年3月に廃止され、10年8月、全国初の公設民営のBRTが実証運行を始めた。

地図

地図を開く 近くのニュース