夕闇彩るあんどん 古河

茨城新聞
2016年8月15日

市民の作った約800個のあんどんの明かりがお盆の夕闇を彩る「夢あんどんと夕涼み」が14日、古河市中央町3丁目の旧古河城の堀跡周辺で開幕した。多くの家族連れなどが訪れ、堀の水面に映る幻想的な明かりに見入った。15日まで。

あんどんによる演出は、旧古河藩家老、鷹見泉石の関連資料などを収蔵する古河歴史博物館をアピールしようと1995年に始まり、今回で19回目。会場周辺ではオカリナコンサートや紙芝居なども行われた。

市内に住む藤崎洋子さん(43)は長女の心梛(ここな)さん(8)と訪問。心梛さんは「一つ一つきらきらと輝いている。すごくきれい」と見入っていた。実行委員長の関照美さん(62)は「お盆で帰省した人たちが見に来てくれれば」と話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

動物テーマに絵雑誌紹介 古河文学館、鷹見久太郎が発行

約80m
茨城

永井路子さんエッセイ展 歴史文学の世界誘う 古河文学館 原稿や挿絵など70点

約80m
茨城

夏の風物詩 朱色お届け 古河、ホオズキ出荷

約1.8km
茨城

夏彩る薄紅の大輪 大賀ハスが見頃 古河総合公園

約1.9km
群馬

「ラムサール」5年で渡良瀬遊水地カード

約3.5km
茨城

輝き放つキスゲ 古河・ネーブルパーク

約5.9km