新酒熟成確認「初呑み切り」 つくば

茨城新聞
2016年8月3日

昨年から今年にかけて仕込んだ日本酒の品質や熟成度を調べる「初呑(の)み切り」が2日、つくば市内のホテルで行われた。

県酒造組合鹿行、猿島、新筑支部の8蔵元が持ち寄った65品種の新酒を、関東信越国税局の鑑定官ら審査員5人が口に含んで、酒質や熟成度合いを確かめた。各蔵元はここでの講評を基にそれぞれの酒の出荷時期を決めていく。

同局の斉藤良鑑定官は「各蔵元の個性がしっかり出ている。貯蔵管理が非常に良く、いい酒がそろっている」と評した。新筑支部の冷水豊国支部長は「例年通りいい酒ができた。飲み頃の酒が消費者に届くよう各蔵元も努力している」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース