奇祭に拍手 益子の祇園祭始まる

下野新聞
2016年7月25日

 【益子】町の夏祭り「祇園祭」が23日始まり、恒例の手筒花火の打ち上げが同日、江戸時代から続く奇祭「御神酒頂戴式(おみきちょうだいしき)」が24日、それぞれ行われた。

 関東の三大奇祭と言われる御神酒頂戴式は毎年、各自治会の持ち回りで行われ、今年は益子の佐久間藤也(さくまふじや)さん宅が会場。1年365日になぞらえた3升6合5勺(しゃく)(約6・5リットル)が入る大杯に熱かんをなみなみと注ぎ、当番町(城内)が数十人の男衆で2杯、来年の当番町(内町)が10人で3杯を飲み干して五穀豊穣(ほうじょう)、無病息災などを祈願した。

地図

地図を開く 近くのニュース