粋な着こなし感じて 伊勢崎 ひとえの銘仙30点

上毛新聞
2016年7月11日

ㅤ伊勢崎市曲輪町のいせさき明治館で9日、夏らしいひとえ仕立ての伊勢崎銘仙の着物を集めた「単衣めいせん展」が始まり、黒や灰、青色など、涼しげな色合いの約30点を紹介している。8月28日まで。
ㅤ透けて見えるほど薄手の「夏銘仙」や、素材の糸が強くねじられている「千代田お召し」など貴重な着物をそろえた。年代も昭和初期から後期と幅広い。
ㅤ同館は「当時の人々の粋な着こなしを感じてほしい」と来場を呼び掛けている。
ㅤ月・火曜休館(7月18日は開館)。入場無料。問い合わせは同館(電話0270・40・6885)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →