那須の名湯・鹿の湯で「湯もみ」一般公開 かすり着姿で伝統の湯もみ唄も披露

下野新聞
2023年6月1日

栃木県那須町湯本の鹿の湯で31日、大正後期から続く「湯もみ」の一般公開が始まった。同温泉の湯もみ保存会会員が伝統の湯もみ唄を披露し、湯をかき回した。

⇒奥日光の全室レイクビュー温泉旅館 期間限定で1周年記念プラン販売

湯もみはかつて地元民宿街の女将らが担ったが、後継者不足のため2013年、観光ボランティア有志が保存会を結成して受け継いでいる。今年も11月まで毎月、最終水曜の午前11時に公開する。

この日はかすり着姿の会員10人が鐘の音を合図に男湯、女湯を訪問。「那須はよいとこ、後ろに茶臼」などと地元の情景を盛り込んだ約7分間の唄を口ずさみ、湯もみ板を動かした。

保存会の斎藤留美子会長(74)は「伝統の唄を後世に残したい」と話した。

⇒「温泉」の記事はこちら

「温泉」でほかの記事を検索