ブレックス、ファン2000人と交流 シーズン中の応援に感謝

下野新聞
2016年5月30日

 バスケットボール男子NBLのリンク栃木ブレックスは29日、宇都宮市馬場通り4丁目のバンバ市民広場でファン感謝デーを開いた。熱心なファン約2千人が駆けつけ、初夏の日差しが照りつける中、選手との交流を満喫した。

 レギュラーシーズン2位、プレーオフベスト4で今季を終えたブレックス。感謝デーにはトーマス・ウィスマンヘッドコーチと全選手、チームスタッフが参加し、トークショーやサイン会を通して、シーズン中のファンの声援に感謝した。

 開幕前に必勝祈願をした二荒山神社にもファンと一緒にお礼参り。田臥勇太(たぶせゆうた)主将は「このメンバーで戦い抜けたのは皆さんの応援のおかげ。長いシーズンを一緒に戦ってくれてありがとう」とあいさつした。

 同市西刑部町、小学2年の白井(しらい)みくさん(7)は家族でチームの大ファン。「来年もいっぱい応援します」などと書いた手紙を田臥に渡し「ありがとうと言ってくれて優しかった。次は優勝してほしい」とうれしそうだった。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース