那須・鹿の湯で湯もみ披露 一時途絶えるも一昨年復活

下野新聞
2016年5月26日

 那須町湯本の「鹿の湯」に伝わる湯もみが25日から始まり、湯もみ保存会(斎藤留美子(さいとうるみこ)会長)が那須湯もみ唄「ドッコイショ節」を入浴客に披露した。11月まで毎月、最終水曜日の午前11時から行われる。

 湯もみは担い手不足などで一時途絶えたが、地元の観光ボランティア有志が保存会を立ち上げ、2014年5月に再開。ことしは会員が湯もみの「本場」で知られる群馬県の草津温泉で技術指導などを受けてこの日に臨んだ。

 鐘の音が鳴り響くと、会員が男女それぞれの浴場を訪れ、湯もみを開始した。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →