《上州真田》“修行”で忍者気分 吹き矢、手裏剣、火おこし… 2コースに339人挑戦 中之条

上毛新聞
2016年5月17日

ㅤ忍者に扮(ふん)して散策を楽しむ「中之条真田忍者ウオーク~難攻不落の嵩山城に潜入せよ」が15日、中之条町折田の花の駅美野原を発着点に開かれた。町内外から137チーム339人が参加し、忍者にちなんだ“修行”にチャレンジしながらゴールを目指した。
ㅤNHK大河ドラマ「真田丸」で注目される真田氏に仕えた忍者の墓が町内にあることから、昨年から町などが企画している。2~3人のチーム制。花の駅から真田氏と縁がある嵩山山頂で折り返す「潜入コース」と、手前の道の駅霊山たけやまで折り返す「偵察コース」で実施した。
ㅤ忍者のコスチュームを身に着けた参加者は途中の関所を通過しながら、各チェックポイントで忍者修行に挑戦。吹き矢、手裏剣投げ、火おこし、忍者走りに歓声を上げながら取り組んだ。
ㅤ埼玉県熊谷市から家族4人で参加した角田宗久さん(38)は「初めて参加したが、修行が面白くて思わず真剣になってしまった」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース