バンバ市民広場「パーフェクトな会場」 3人制バスケ大会前にFIBAが視察 宇都宮

下野新聞
2016年2月26日

 7月に予定されている3人制バスケットボールの国際大会「FIBA3×3ワールドツアー・マスターズ」を前に、国際バスケットボール連盟(FIBA)は25日、開催都市となる宇都宮市に担当者を派遣、会場候補地・バンバ市民広場を視察した。来県したのはFIBAの男性マネジャー、イグナシオ・ソリアーノ氏(31)。大会コーディネートなどを担当する同氏は「大会を行うにはパーフェクトな場所だ」と太鼓判を押した。

 ソリアーノ氏はこの日、スペインから来日。バンバ市民広場に到着するとすぐさま、市の担当者らとともに、JR宇都宮駅からの距離やインターネット環境の有無、ロケーションなどを確認した。

 大会を開催する上での重要事項として(1)市街地(2)人通りが多くにぎわいの創出できる場所(3)その土地を表現するランドマークがあることの3点を挙げ、「われわれが目指す大会がまさにフィットする環境」と評価した。

地図

地図を開く 近くのニュース