利用10億人で記念乗車券 TX販売 硬券2種、5000セット

茨城新聞
2016年2月3日

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(本社東京)は、開業からの利用客が累計10億人を突破したことを受け、記念乗車券を販売している。2種類の硬券乗車券を専用台紙に封入したのが特徴。TX沿線の駅で取り扱っている。
TXは、2005年8月24日に開業。利用客は昨年10月13日に累計10億人を突破した。
記念乗車券は、硬券乗車券2枚セット(A型とB型各1枚)。専用台紙(縦21センチ、横14.8センチ)には、表面に筑波山を背景に走行するTX-2000系などの車両写真を配し、裏面には開業からの輸送人員の変遷を表とグラフでデザインした。
価格は1セット500円。発売数は5千セット。有効期限は3月31日まで。硬券は実際に利用でき、有効区間は守谷駅から大人250円区間と、南流山駅から大人250円区間の2種類。
販売場所は秋葉原、北千住、守谷、つくば各駅の定期券売り場(午前7時~午後8時)。

地図

地図を開く 近くのニュース