重さ700キロ、大鏡餅奉納 高根沢の安住神社

下野新聞
2015年12月31日

 高根沢町上高根沢の安住神社(荒井清勝(あらいきよかつ)宮司)で30日、年末恒例の大鏡餅奉納式が行われ、重さ約700キロの巨大な鏡餅が拝殿前に供えられた。

 御神田で収穫された8俵分のもち米を使い、2日間かけて神職と氏子らがつき上げた。3段重ねの下段は直径1・1メートル、中段80センチ、下段60センチ、高さは約90センチある。

 下段と中段は神職が運転するフォークリフトで運ばれ、上段は、12人の巫女(みこ)が担ぎ運んだ。鏡餅の上には晩白柚(ばんぺいゆ)が据えられ、しめ縄を結んで完成した。

  鏡餅は1月20日に鏡開きされ、節分の2月3日に参拝客らに配られる。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース