高らかに響け「歓喜の歌」 宇都宮第九合唱団が演奏会

下野新聞
2015年12月24日

 市民らによる「宇都宮第九合唱団」は23日、第35回演奏会を宇都宮市本町の県総合文化センターで開催し、年末恒例の「歓喜の歌」を高らかに歌い上げた。

 神奈川フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者の現田茂夫(げんだしげお)氏を指揮者に迎え、日本フィルハーモニー交響楽団が管弦楽を担当した。ベートーベン作曲の歌劇「フィデリオ」序曲、交響曲第九番ニ短調「合唱付」を演奏した。

 「第九」の第4楽章ではソプラノ、メゾ・ソプラノ、テノール、バリトンの各ソリストと団員らが登場して大合唱を披露。観客から万雷の拍手が送られた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース