墨痕に光る個性 きょうから上毛書道三十人展 高崎

上毛新聞
2022年1月8日

 第41回上毛書道三十人展(上毛新聞社主催)が7日から、高崎市の高崎シティギャラリーで開かれる。搬入作業が6日に行われ、計99点が展示された=写真

 漢字、かな、墨象、大字・詩文書、篆刻(てんこく)、刻字の各部門に県内作家30人と運営委員が寄せた力作を展示。星野聖山運営委員長(66)は「青墨を使い、春の初々しさを表現した作品が印象的。ぜひ見てほしい」と呼び掛けている。

 新型コロナウイルスへの対応で、解説会などの催しは中止する。12日までの午前10時~午後5時(最終日は4時)。問い合わせは上毛新聞社読者局(027-251-4341)へ。

「書道」でほかの記事を検索 「高崎」でほかの記事を検索