タンパク質を スムージーで かつ丼「なかや前橋リリカ店」

上毛新聞
2021年10月26日

 近年のフィットネスブームでタンパク質を含む商品が人気を集める中、かつ丼専門店「かつどんなかや前橋リリカ店」(前橋市国領町)で販売する飲料「プロテインスムージー」が話題だ。タンパク質を気軽に摂取できるプロテインスムージーを県内で提供する店は珍しく、若い女性や筋力トレーニングをする人たちから注目されている。

 「筋トレマニア」の中山啓店長(44)は、タンパク質人気を追い風に「群馬県民をいつの間にかいい体にする計画」を立てた。減量中でも食べられる、スイーツのようなプロテインを作りたいとの思いから試行錯誤を繰り返した。

 プロテインスムージーの商品名は「しゃらすく」。米国のボディービルダー、ロニー・コールマンさんの言葉「Shut up and Squat(黙ってスクワットしろ)」にちなんで名付けた。

 1杯で25グラム前後のタンパク質を摂取することができる。商品ごとにPFC(タンパク質、脂質、炭水化物)やカロリーを表記している。味はチョコレートやバナナなど6種類。チョコは4種類をブレンドし、バナナは1本をまるごと使用しており濃厚な味わいになっている。現在のお薦めは期間限定の「焼き芋」。価格はいずれも500円。

 中山店長は「タンパク質を摂取する飲み物としてはもちろん、スイーツのように味わえる。トレーニング中の人に加え、お年寄りから子どもまで幅広い世代に楽しんでほしい」と話している。

 営業は午前10時~午後8時。問い合わせは同店(☎080-4937-5549)へ。(井部友太)

「スムージー」でほかの記事を検索 「タンパク質」でほかの記事を検索