《ちょこっとグルメ》1本ずつ、ひとすすり

上毛新聞
2021年4月20日

饂飩FEEL(うどんフィール)高屋(桐生市梅田町)
☎0277・32・0570

 川のせせらぎや鳥の声が聞こえる梅田で、上質なうどんを提供する。「ひとすすりうどん」と銘打ち、1本ずつ、ひとすすりで食べてもらう食べ方を提案する。盛り付けや1本当たりの量など、細部に工夫を凝らす。

 うどんの他、おからサラダ、季節の漬物、飲み物、自家製ヨーグルトをコース形式で出している。

 1番人気は「くるみ汁」(1430円)。しなやかでこしのある麺を、ふわりとクリーミーな汁が包む。限定メニューもお薦めで、香り豊かなチーズや発酵バターを使った「釜玉カルボナーラ饂飩(うどん)」(1540円)は夏まで提供している。

 高橋延幸代表(42)は栃木県足利市でうどん店を経営し、プロレスラーとしても活動した経歴を持つ。より良い環境でうどんのおいしさを追求しようと、昨年3月に同店を開業した。「五感でうどんを楽しんでほしい」と話している。

 ▽営業 11時半~14時半、17時半~21時(夜は予約制)
 ▽定休日 火曜
 ▽これもお薦め 自家製りんご酢ソーダ(440円)

「うどん」でほかの記事を検索 「桐生」でほかの記事を検索