夏でも溶けない チョコ味ラスク ハラダ、人気シリーズ新商品

上毛新聞
2021年4月5日

 菓子製造販売の原田・ガトーフェスタハラダ(高崎市新町、原田義人社長)は、人気のラスク「グーテ・デ・ロワ」シリーズの新商品「グーテ・デ・ロワ カカオ」を20日に発売する。1日から予約を受け付ける。

 通年販売品としては4年8カ月ぶりの新商品。チョコレートとローストしたカカオを粉砕したカカオニブをフランスパンに練り込んでガトーラスクに仕上げた。チョコレートをコーティングした商品はこれまでもあったが、溶けやすく夏季販売が難しかった。「カカオ」は夏でも楽しめるチョコレート味のラスクを求める声を受けて誕生した。

 担当者は「バターや砂糖の甘さとカカオのほろ苦さをどちらも感じられる。子どもからお年寄りまで楽しんでほしい」としている。

 価格は8袋16枚入り810円。

「ラスク」でほかの記事を検索 「ハラダ」でほかの記事を検索