アシカの赤ちゃん「あさひ」に 茨城県大洗水族館

茨城新聞
2020年3月29日

大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で昨年6月に生まれ、令和初となるカリフォルニアアシカの雄の赤ちゃんの名前が「あさひ」に決まった。2月から1カ月間募集し、応募2482通の中から同館職員や小沢正哉館長が決めた。

あさひは、埼玉県の横山朝飛君(4)ら2人が名付けた。海獣展示課によると、同館前が初日の出の名所であることや、一日のスタートとなる朝日に、令和初の意味合いを込めて選んだという。

父親「ゴエモン」(10歳)と母親「ココ」(17歳)の間に生まれたあさひは、当初の体重7・49キロから32・4キロに成長。屋外展示プールで元気に泳ぎ回る姿が見られる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同館は4月30日まで室内開催プログラムの中止や、一部エリアを閉鎖している。


「大洗水族館」でほかの記事を検索