《茨ぱん》イギリスパン パン工房しらとり上平塚店(筑西市)

茨城新聞
2020年3月29日

筑西市の「パン工房しらとり」上平塚店で人気の「イギリスパン」。多いときには1日で2斤のパンが約400本売れるという。店長の近藤誠さんは「良質な発酵バターを使っている。焼きたてがおいしいのはもちろん、冷凍してもおいしく食べられる」。食べきりサイズの「ミニイギリスパン」はホットドッグやサンドイッチなどいろいろな食べ方が楽しめる。イギリスパンで作るラスクはさくさくとした歯触り。

同店は社会福祉法人征峯会が運営する。障害者支援施設「ピアしらとり」(同市小塙)の利用者が施設や上平塚店で、職員とともに成形などのパン作りに取り組んでいる。イギリスパンは同施設でパン作りが始まって以来、約25年作り続けられている。同施設の就労支援課長でもある近藤さんは「来る人も作る人もみんなが最高の笑顔になってほしいという思いで、一から手作りしている」と話す。

約50種類あるパンは「若鶏しょうゆバーガー」や「自家製コロッケバーガー」=同奥=などの調理パン、菓子パンなどがそろう。木を使った温かみのある店舗はイートインもできるカフェを併設。カフェではパスタやオムライスなどが味わえる。全品1割引きの5周年記念セールを4月4~12日に行う。

筑西市上平塚591の1
定休は月曜(祝日の場合は火曜)
上平塚店の営業時間は午前10時~午後6時
(電)0296(45)8085

地図を開く 近くのニュース
「茨ぱん」でほかの記事を検索