屋敷を彩る華やかなひな飾り

戸長屋敷彩るひな飾り 栃木

下野新聞
2020年3月4日

 【栃木】大平町西山田の市おおひら郷土資料館「白石家戸長屋敷」で、ひな人形やつるし飾りが華やかに競演する「戸長屋敷のひな祭り」が開かれている。15日まで。

 昭和初期~同50年代の計3組のひな人形のほか、市大平地域女性の会が制作したつるし飾りなど約70点が屋敷を彩る。

 祖母と訪れた栃木第三小3年、山中梨里杏(やまなかりりあん)さん(9)は「学校でひな飾りは見たことがあったが、こんな豪華なのは初めてでびっくり」と見入っていた。

 3日、14日は入れたての煎茶を振る舞う茶会を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となった。午前9時~午後5時。月曜休館。大人100円、小中学生50円。(問)同館0282・43・8686。

地図を開く 近くのニュース