しもつけBRANDフェアのチラシ

下野ブランド 道の駅に集合 9日、物販や名所案内

下野新聞
2020年2月7日

 【下野】優れた特産品や文化財などを市が認定する「下野ブランド」のPRイベント「しもつけBRANDフェア」(市主催)が9日、薬師寺の道の駅しもつけで開かれる。

 伊沢いちご園の「伊沢いちご園のジェラート」や、らんどまあむの「干瓢(かんぴょう)の八幡巻(やはたまき)」など認定品の試食販売を行う。

 また同ブランドに認定されている「下野薬師寺跡」や「小金井一里塚」などの市内名所をパネルで紹介する。先着100食限定で「かんぴょうミネストローネ」の無料配布も行われる。

 同ブランドは2012年度、市内外に魅力を発信する目的で始まった。現在34件が認定を受けている。

 市担当者は「地域の味を楽しんで、お気に入りのブランド品を見つけてほしい」としている。午前10時~午後2時。(問)市商工観光課0285・32・8907。

地図を開く 近くのニュース