光と影、幻想的な梅 水戸弘道館でライトアップイベント

茨城新聞
2019年3月3日

水戸市三の丸1丁目の弘道館で2日、梅林をライトアップするイベント「夜(よる)・梅(うめ)・祭(まつり)」が開かれた。観光客らは歴史ある日本遺産を散策し、光と影が作る幻想的な梅の姿を楽しんだ。

会場では約800本の梅のうち、8割以上が開花し見頃を迎えている。イベントは「水戸の梅まつり」の一環で、訪れた人たちに無料でちょうちんも配られた。

愛知県から来た下里あゆみさん(31)は「初めての水戸。夜の梅は白が際立ってきれい。娘もちょうちんを手に大喜び」とにっこり。イベントは9日、偕楽園でも開かれる。 

地図を開く 近くのニュース
「梅まつり」でほかの記事を検索