梅の開花、リアルタイムで 筑波山の映像 つくば市が配信 カメラ5台、渋滞情報も

茨城新聞
2019年2月26日

出掛ける前に、梅の開花をチェック-。

16日に開幕した「筑波山梅まつり」では、今年から梅の開花状況や周辺道路の渋滞情報をリアルタイムで確認することができるようになった。筑波山の現在の様子を映す「筑波山ライブカメラ」の映像を、パソコンやスマートフォンから手軽に見ることができる。

つくば市では昨年3月下旬、県内外から訪れる筑波山観光客のため、筑波山にライブカメラ計5台を整備。開花状況の映像は、つくば市ホームページの「筑波山ライブカメラマップ」にアクセスして確認できる。同市では「天気予報などでは分からない情報を、『目で見て』確認してもらえれば」と話している。

同梅まつりの会場、筑波山梅林に設置されているカメラは2台で、同梅林の上部、下部に加え、付近の県道を映すカメラが1台。その他2台は筑波山の山頂にあり、ケーブルカー駅とロープウエー駅に1台ずつ設置している。山頂の映像では天候状況のほか夜景を確認することもできる。

同梅まつりは今年46回目。同市沼田の筑波山梅林を中心に3月21日まで開催される。見頃は3月初めごろ。梅林は筑波山の中腹にあり、敷地内には白梅や紅梅など約千本が植えられている。紅梅は満開を迎えている。同梅まつりへの問い合わせは実行委事務局(電)029(869)8333
カメラマップへのアドレスは、https://tsukuba.fureai.jp/

地図を開く 近くのニュース
「梅まつり」でほかの記事を検索