住民手作り黄金の湯 星尾地区、浴場復活 南牧

上毛新聞
2018年9月11日

南牧村星尾地区で、築200年の古民家を改修した温泉施設「星尾温泉 木の葉石の湯」=写真=が8日に開業した。ヒノキを使った浴室で黄金色の温泉を楽しめる。
1950年まで住民に親しまれてきた公衆浴場を復活させて集落の活性化につなげようと、「星尾に温泉を作ろうプロジェクト」(米田優代表)が昨年2月に始動。村内外の13人が手作りで改修工事を進めてきた。施設代表の小保方努さん(42)は「全て手作りの温泉。ぜひ楽しんでほしい」と話す。
景観維持や環境への影響を考え、クラウドファンディングで集まった支援金で購入したまきボイラーを使用。レストランも併設する。
温泉施設は午前11時~午後8時。中学生以上千円、4歳~小学生は500円。月曜休み。問い合わせは米田さん(☎090・1558・2899)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース