旬のハマグリ 鹿島灘漁港水揚げ

茨城新聞
2018年3月1日

ハマグリが旬を迎え、鹿島灘に面した県内漁港で水揚げが続いている。鹿嶋市平井の鹿島灘漁港では28日、多くの漁船が早朝から出漁し、活気にあふれた。

県特産品の「鹿島灘ハマグリ」は身が厚く味が濃いのが特徴。中でも産卵前の春先がおいしいとされ、桃の節句の縁起物としても需要が高まる。

午前9時すぎ、漁船が続々と帰港すると、きらきらと輝く大粒の貝が運び揚げられた。鹿嶋市荒井の船頭、出頭好久(しゅっとうよしひさ)さん(55)は「しけが続いて漁に出られなかったが、水揚げできてほっとした」と笑顔を見せた。

地図

地図を開く 近くのニュース