コウゾ皮むき追われる 大子

茨城新聞
2018年1月13日

和紙の原料として使われるコウゾの皮の加工作業が大子町の生産農家で盛んに行われている。同町大沢の斎藤邦彦さんが営む藤屋商店では早朝から、数人が蒸したコウゾの皮むき作業に追われている。

コウゾは、大釜で約1時間半蒸して柔らかくした後、手を滑らせるようにして皮をむき取る。湯気に包まれた作業場内に次々と皮が束ねられ、この後、天日干しなどを経て完成する。岐阜県や福井県など県外の和紙職人の元へ出荷する。

同町のコウゾは「大子那須楮(こうぞ)」と呼ばれ、繊維が細長いのが特徴。きめ細かく丈夫な和紙が作れることから高級和紙の原料として使われる。 

地図

地図を開く 近くのニュース