恒例のサンタ水中散歩 栃木県なかがわ水遊園

下野新聞
2017年12月20日

 クリスマスを前に、栃木県大田原市佐良土の栃木県なかがわ水遊園で恒例の「サンタの水中散歩」が行われている。子どもたちは水槽を泳ぐサンタクロースと交流を楽しんでいる。24日まで。

 水中マスク姿のサンタが潜水するのは、巨大淡水魚ピラルクーなどが泳ぐアマゾン大水槽。19日は、校外学習で訪れた日光市今市第二小の2年生や親子連れらが泳ぐサンタにくぎ付けとなった。児童は筆談で、「何歳ですか」「好きな食べ物は」などと矢継ぎ早に質問。約1時間のショーを楽しんだ。

 「クリスマスにはすてきなプレゼントを持って行くよ」と、サンタからメッセージカードが贈られた宇都宮市戸祭町、高橋麗心(たかはしうるみ)ちゃん(5)は「プレゼントがもらえるよう、お手伝いを頑張る」と笑顔を見せた。

写真


「なかがわ水遊園」でほかの記事を検索 「クリスマス」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース