色鮮やか Xマスに彩り 下野、ポインセチア出荷

下野新聞
2017年11月16日

 クリスマスシーズンを前に、下野市田中の黒川園芸でポインセチアの出荷が始まった。

 6棟のハウスには、丈130センチほどの大型の花木が所狭しと並ぶ。赤色と緑色のコントラストが美しい定番の「プレステージアーリーレッド」や、「アイスパンチ」など10種類を栽培している。

 15日は従業員らが出荷期を迎えた鉢を選別し、ラッピングする作業に追われた。

 黒川弘一(くろかわこういち)社長(53)は「今年も順調に育ってくれた。家に飾ってクリスマスを華やかに彩ってください」と話していた。

 全国の市場に向けた出荷作業は、12月5日ごろまで続く。

写真


「ポインセチア」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース