ヒラメ釣り 鹿島沖解禁

茨城新聞
2017年11月2日

「常磐もの」として美味で知られるヒラメの釣りが1日、県内トップを切って鹿島沖で解禁された。解禁を心待ちにしていた多くの釣り人たちが詰め掛け、初物の手応えを堪能した。

鹿島港の釣り船約20隻は、夜明けとともに一斉に沖合へ。植田丸(植田竜也船長)には、県外からの愛好者ら7人が乗船した。生きたイワシを付けて釣り糸を垂らすと、早速食い付いた。東京から来た男性4人は「解禁日に来るのは2回目。節目の日にまずまずの釣果で良かった」と笑顔を見せた。

ヒラメ釣りは12月1日、他の県内海域でも解禁される。来年3月末まで県内全海域で楽しめる。 

地図

地図を開く 近くのニュース