シクラメン出荷へ着々 日光

下野新聞
2017年10月31日

 朝晩が冷え込み秋も深まる中、日光市針貝の「イッセイ花園」では、シクラメンの出荷準備が大詰めを迎えている。

 同園のシクラメンは高密度で茂る葉が特長だ。1万8千鉢を栽培しており、11月中旬から出荷が始まる。花は各市場の品評会などで高い評価も受けている。

 30日は株姿を整える「葉組み」が行われ、出荷に向けた作業に追われていた。同園の吉原一成(よしはらかずなり)社長(60)は「花は室内で暖房の風を避け、水管理をきちんとすれば4~5月頃まで楽しめます」と話していた。

 シクラメンは首都圏を中心に仙台や大阪、福岡などへ出荷されるという。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース