「きれいな海、満喫を」 高萩 市民が海岸清掃

茨城新聞
2017年7月3日

海水浴シーズンを前に2日、高萩市民約1000人が参加して海岸清掃が行われた。同市は太平洋に面した約7キロの海岸線が広がり、白い砂浜の海水浴場や磯遊びでにぎわう海岸、ビーチバレー大会の会場になる砂浜など夏の絶好のレジャースポットになっている。海水浴場開設は15日~8月16日の予定。

清掃活動は高浜海岸から高戸海岸で実施。参加者は身近な海岸に行き、清掃用具や軍手を着けて自由に拾い集めるやり方。それぞれごみ袋を持って砂浜に落ちているペットボトルや空き缶などを丁寧に拾い集め、流木なども片付けた。

高萩ロータリークラブ社会奉仕委員会の鈴木国男委員長は「たくさんの市民が参加しているので本当にきれいな海で観光客などを迎えられる。捨てない心も育てていきたい」と汗を拭っていた。 

地図

地図を開く 近くのニュース