空に大輪、もうすぐ 水戸・花火製造ピーク

茨城新聞
2017年6月23日

夏の花火シーズンを前に打ち上げ花火の製造が追い込み作業を迎えた。水戸市谷津町の「野村花火工業」の工場では、梅雨の晴れ間に天日干し作業が行われている。

天日干しは花火作りの最終工程。火薬を詰めた花火玉は、約1カ月かけ、幾重にも紙を貼り合わせては乾燥を繰り返す。乾燥場には、同心円状に6色の大輪が開く「五重芯」など直径30センチほどの大玉がずらりと並ぶ。

野村陽一社長(66)は「日本の花火技術は世界トップレベル。一人でも多くの人に感動してもらいたい」と意気込む。出来上がった花火は、各地で夏の夜空を彩る。

地図 →

この付近の観光ニュース →