8月運行へ訓練に熱 SL大樹 報道機関に公開

下野新聞
2017年6月17日

 8月10日に東武鬼怒川線で運行が始まるSL「大樹(たいじゅ)」の乗務員習熟訓練が16日、日光市の下今市駅機関庫内などで報道関係者に公開された。

 この日の訓練は午前7時すぎ、機関士らが機関庫内で出発前にボイラーの蒸気圧を上げる投炭作業から取り組んだ。SLの足回りにあるビスの緩みを点検する打音検査や使用済み石炭の排出などを行った後、客車などと連結。鬼怒川温泉駅まで片道約12・4キロを試験運転した。

 東武鉄道によると、乗務員は5月14日の試験運転から毎週3~4日、各日3往復の習熟訓練に臨んでいる。乗務員は機関士5人、機関助士7人。

 大樹の石炭積載量は約3トン。片道で約500キロを使用する。3人が乗車する機関室内の気温は走行中、60度に達し、熱気との勝負となる。東武鬼怒川線は直線で勾配が多いのが特徴で、大桑-新高徳駅間が特に難所になるという。

 機関助士梅林俊輔(うめばやししゅんすけ)さん(47)は「少しずつ手応えがつかめてきた。真岡鉄道で訓練した2カ月間が生きている」と話し、機関士黒田健一(くろだけんいち)さん(47)は「いよいよという気持ち。8月10日までにしっかり準備を進めたい」と意気込んだ。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

朝焼けに「大樹」の雄姿 8月復活SL日光で試運転

すぐ近く
栃木

「日光桜回遊」スタート 名所25カ所、順次開花 JR駅で歓迎セレモニー

約7.2km
栃木

一番列車聖地に 走るホテル「四季島」運行 JR東の豪華寝台

約7.2km
栃木

リバティ発進 東武日光駅で出発式 26年ぶり新型特急

約7.4km
栃木

往年の人気料理復刻  40周年迎える日光「明治の館」7品、月替わりで提供

約9.3km
栃木

二社一寺映像DVD化  外国人向け制作

約9.3km