発車メロディー新しく 佐貫駅 記念式典、3曲お披露目

茨城新聞
2017年6月4日

龍ケ崎市の玄関口・JR常磐線佐貫駅(同市佐貫町)の駅のホームで流れる発車メロディーが3日、ご当地ソングなどにリニューアルされ、同駅東口で記念式典が行われた。

発車メロディーのリニューアルは同市の魅力向上を狙った取り組みで、市内外から応募のあった156曲から龍ケ崎に関係する3曲を選んだ。この日の始発から、1番線ホームでは市内の祭りで使われる「RYUとぴあ音頭」、2番線ホームでは緑豊かな自然を連想する「かえるの合唱」、3番線ホームでは牛久沼を泳ぐ白鳥の姿をイメージさせる「白鳥の湖」が流れた。

式典には市民ら100人超が参加。関係者が発車ボタンを押して、新たなメロディーをお披露目したほか、市内の子どもたちが曲にちなんだダンスや合唱、バレエを発表。中山一生市長は「駅周辺ににぎわいを生み出して、龍ケ崎をますます元気にしたい」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース