砂沼一望 にぎわい拠点 下妻市 観光交流センター完成

茨城新聞
2017年5月16日

下妻市が整備を進めてきた市街地のにぎわいづくりの拠点となる「下妻市観光交流センター」が15日、同市砂沼新田に完成し、関係者ら約100人がオープニングセレモニーに参加した。市民の憩いの場である砂沼広域公園に、観光客が訪れる交流人口拡大の拠点の一つとして位置付けている。

「さん歩の駅サン・SUNさぬま」は、茨城百景「砂沼」南岸の約3585平方メートルの敷地に、約5億3600万円をかけて整備した。観光物産販売所、観光案内所、カフェレストラン、イベント広場、テラスデッキ、無料駐車場(50台)を備えている。

式典あいさつで稲葉本治市長は「隣接の砂沼歩道に直結するデッキからは四季折々の砂沼が一望できる。まちなかにぎわいの拠点として、多くの方に利用していただき、市民に長く愛される施設運営に努めたい」とあいさつ。

施設指定管理者の坂東太郎・青谷英将社長は「地域の方々と協力して、下妻や砂沼の良さを市内外、県、全国に発信して、市が活性化するようにしたい」と述べた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

勇壮に砲術演武、多賀谷時代まつり 下妻

約1.2km
茨城

鮮やかポピー 下妻、鬼怒川河川敷50万本

約3.8km
茨城

茨城産ナシ、ベトナム輸出 下妻の「豊水」、解禁後初めて

約4.4km
茨城

八千代町の魅力情報 ガイドブック2冊発行

約5.9km
茨城

常総「豊田城」、展示室一部リニューアル 映像、音声で長塚節紹介

約9.6km
茨城

ナシ花合わせピーク 生産者、作業に汗 筑西

約10km