渡良瀬遊水地でヨシ焼き 春告げる雄大な炎

茨城新聞
2017年3月19日

茨城、栃木、群馬、埼玉の4県にまたがる渡良瀬遊水地(約1500ヘクタール)で18日、春の風物詩となっている恒例のヨシ焼きが行われた。害虫駆除や植物の成長促進、樹林化の防止などが狙い。周囲の堤防には、大勢の見物人が詰め掛けた。

ヨシ焼きは同日午前8時半ごろ、渡良瀬遊水地利用組合連合会の会員ら約890人が火入れの作業を開始。栃木県小山市下生井の堤防には燃え上がるヨシ原を撮影しようとする大勢のカメラマンが集まった。好天続きのため燃え広がりは早く、炎が大きくなるたびに驚きの声が上がった。同県壬生町の早乙女戦三さん(72)は妻の利子さん(68)と訪れた。戦三さんは野鳥観察でよく遊水地を訪れるといい、ヨシ焼きについて「全国的にも貴重。なかなか雄大。よく燃えている」と話した。

火は同日午後6時15分に鎮火、遊水地のヨシ原約1500ヘクタールの約9割に当たる約1350ヘクタールが焼けた。主催者の渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会によると、約8500人の見物人が訪れた。 

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

「ラムサール」5年で渡良瀬遊水地カード

約2.5km
栃木

遊水地産よしず作り 小山で作業ピーク

約4km
茨城

動物テーマに絵雑誌紹介 古河文学館、鷹見久太郎が発行

約5.8km
茨城

永井路子さんエッセイ展 歴史文学の世界誘う 古河文学館 原稿や挿絵など70点

約5.8km
茨城

夏の風物詩 朱色お届け 古河、ホオズキ出荷

約5.9km
茨城

夏彩る薄紅の大輪 大賀ハスが見頃 古河総合公園

約7.5km