郷土の横綱、再度感動 稲敷で稀勢の里写真展

茨城新聞
2017年2月26日

茨城新聞報道写真展「稀勢の里 横綱への軌跡」が25日、稲敷市江戸崎甲の江戸崎ショッピングセンターパンプで始まった。大勢の来店者が写真を眺め、郷土出身横綱の誕生をあらためて喜んだ。3月6日まで。

写真展では、稀勢の里関=田子ノ浦部屋、牛久市出身=が初場所で初優勝し、第72代横綱に昇進した時の写真を中心に、稽古の様子、ファンとの触れ合いなど横綱のさまざまな表情を伝えている。

阿見町の竹内順子さん(67)は「再び感動した。稀勢の里は茨城の誇り」と笑顔。孫の小学2年、国府田理子さん(8)は「写真は瞬間を捉えていてすごい。土俵入りの写真に感動した」と話していた。

地図

地図を開く 近くのニュース