建築業組合が豪快に豆まき 常称寺 下仁田

上毛新聞
2017年1月31日

下仁田建築業組合(岩井一幸組合長)は29日、下仁田町下仁田の常称寺で節分祭を開いた。境内に豆や菓子などが舞い飛び、訪れた人たちの歓声が響き渡った。
同組合員や来賓が特設舞台の上からミカン、餅などをまくと、子どもたちから「こっちにも」と大きな声が上がった。
毎年2月3日直前の日曜日に開催している。岩井組合長は「組合は110年以上、地元にお世話になっている。恩返しの気持ちを込めたい」と豪快に豆をまいた。

地図

地図を開く 近くのニュース