節分用魔よけ製造ピークに 沼田の農家

上毛新聞
2017年1月16日

来月3日の節分を前に、魔よけ用にヒイラギの枝などを束にして商品化した「柊(ひいらぎ)セット」の製造が、沼田市などでピークを迎えている。
セットは、とげが鬼を追い払うとされるヒイラギにイワシの頭を添えて玄関に飾り付ける節分の風習にならい、乾燥させた大豆の殻とヒイラギの枝をわらで束ね、鬼の面を付けた商品。同市利根町大原の農業、田辺二郎さん(40)、直美さん(41)夫婦も慣れた手つきで作業を進めていた=写真。
セットは同市内の商店が1995年に販売を開始。今年は首都圏向けに出荷する約12万セットの製造を同市など北毛の農家が担っている。

地図 →

この付近の観光ニュース →