秋晴れの陶器市、5万4千人のにぎわい 益子

下野新聞
2016年11月4日

 恒例の「秋の陶器市」が3日、益子町の城内坂や道祖土(さやど)地区などで始まった。天候にも恵まれ、多くの観光客でにぎわった。7日まで。

 陶器市は春と秋の年2回開かれ、今回で98回目。益子焼販売店約50店に加え、約500のテントが軒を連ね、観光客は職人と話しながら通常より安価になった湯飲みなどを購入し、陶芸の里の秋を楽しんだ。

 夫婦で訪れた東京都稲城市、パート梅沢由紀(うめざわゆき)さん(44)は「春の陶器市より人が多くてびっくりした。手頃な値段でお茶わんとおちょこが買えた」とうれしそうに話した。

 町観光協会によると初日の来場者数は約5万4千人。

写真

大勢の来場者でにぎわった秋の陶器市=3日午前10時35分、益子町益子、橋本裕太撮影

地図

地図を開く 近くのニュース