乱歩と朔太郎共有の世界観 文学館企画展 前橋

上毛新聞
2016年10月26日

日本の推理小説を確立した江戸川乱歩と、日本近代詩の父と評される前橋市出身の詩人、萩原朔太郎に光を当てた特別企画展「パノラマ ジオラマ グロテスク」が、同市千代田町の前橋文学館で開かれている。12月18日まで。
乱歩と朔太郎は互いの作品を高く評価し、生前は親交を深めていた。会場には書簡と自筆原稿、受贈本、文具や手品道具などの遺品を含めた計100点を展示し、2人の文学者が共有した世界観を紹介する。
記念イベントとして、美学者の谷川渥さんの講演「孤独な窃視者の夢想―乱歩と朔太郎」が11月5日午後2時から開催。乱歩の孫で鉄道模型雑誌「とれいん」元編集長の平井憲太郎さんと、朔太郎の孫で同文学館長の萩原朔美さんの対談「猟奇な二人の病気な話」が12月18日午後2時から開かれる。
水曜休館。観覧料は一般300円、高校生以下無料。県民の日の28日、記念イベント開催日の11月5日と12月18日は観覧無料。問い合わせは同館(☎027・235・8011)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《まち里歩き》スタート地点 前橋文学館(前橋市千代田町) 「詩のまち」彩る水と緑

すぐ近く
群馬

前橋文学館長就任1周年 「萩原朔美の仕事展」 「のぞき穴から世界を」 映像、雑誌、エッセー… 定点で時の流れ観測

すぐ近く
群馬

文学館近くに移築 朔太郎記念館、8日から公開

すぐ近く
群馬

岡本太郎作「太陽の鐘」前橋へ 広瀬川河畔、交流起点に

約120m
群馬

盛り上げに一役 ブルゾンちえみさん、ちんどん… 前橋中心商店街

約240m
群馬

前橋・第8回T―1グランプリ RIVER「厚切りローストポーク」 豚肉料理の頂点

約290m