《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(2)第1松木川橋梁》英国製の独特な橋脚

上毛新聞
2016年10月26日
1022%e3%82%8f%e9%89%84%e2%91%a1%e8%8b%b1%e5%9b%bd%e8%a3%bd%e3%81%ae%e7%8b%ac%e7%89%b9%e3%81%aa%e6%a9%8b%e8%84%9a

第1松木川橋梁(きょうりょう)(栃木県日光市足尾町)はわたらせ渓谷鉄道の終着駅、間藤駅の手前に架かる。独特な橋脚の様式が特徴で、同様の橋脚が現役で使われているのは珍しいという。
土木学会(東京)が土木遺産として挙げた「主な施設」の一つ。1914(大正3)年に架けられ、英国製の橋脚を東北地方から移設したとされる。やぐらのような骨組みのトレッスル橋脚が2基用いられ、国内に現存するのは10例ほどとされる。
この橋がある区間は足尾銅山の産出量増加に伴い、足尾鉄道時代の同年に延伸。すでに国が借り入れていた桐生―足尾間に、本山精錬所があった足尾本山駅までが加わった。
当時は銅山の最盛期で、16年に旧足尾町の人口は3万8000人余りに達し、宇都宮市に次ぐ栃木県第2の都市になった。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(13)出川橋梁》高さ20メートルの貨物線

すぐ近く
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(20)旧スイッチバック遺構》急勾配の運行物語る

すぐ近く
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(19)足尾駅》建築当初の規模 維持

約1.6km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(18)通洞駅》斬新さ際立つ洋風駅舎

約2.5km
栃木
群馬

土木遺産の路線 わ鉄を巡る(12)第2渡良瀬川橋梁》日米の技術伝える

約4.7km
栃木

奥日光「英国大使館別荘」初年入園者、予想の倍 隣接の伊大使館も過去最多

約10km