化粧直し着々、よみがえる極彩色 日光東照宮「陽明門」 修理終え取り付け作業佳境

下野新聞
2016年8月24日

 「平成の大修理」が進む日光市山内の日光東照宮・国宝「陽明門」で、修理を終えた彫刻の取り付け作業が佳境を迎えている。23日には、22体ある「仙人彫刻」の取り付け作業が始まり、15体が組み物の間に取り付けられた。

 日光社寺文化財保存会によると、門から取り外した彫刻は305体。修復された彫刻の取り付け作業は4月以降、門の上部から始まった。今回は8月上旬に高欄にはめ込んだ「唐子彫刻」に続く作業で、これが終われば、上部の彫刻修理はほぼ終了する。

 この日は、同会職員10人によって、幅約80センチ、高さ約60センチの彫刻が一つずつ慎重に取り付けられた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →