会場は旧小学校の音楽室、レコード鑑賞会が話題 那須烏山

下野新聞
2016年6月28日

 【那須烏山】旧野上小跡を活用した烏山南公民館で、昔懐かしいLPレコードでクラシック名曲の数々を楽しむ「♪聴こうよクラシック♪」が話題を集めている。市出身者らが市に寄贈した約2500枚のクラシックレコードとオーディオなどを活用し、旧小学校音楽室で聴く音楽会。参加無料の上、レコード特有の温かな音楽と生演奏さながらの迫力のある音量で聴けることから、評判が口コミで広がっている。

 梅雨らしい天候となった19日午後、旧野上小3階音楽室にオーケストラの深みのある調べが流れた。開け放たれた窓からは八溝山系が望める。心地よい風と小鳥のさえずりが曲にアレンジを加え、野外音楽会のようだ。

 音楽会は、市出身者ら3人が2013年、市へクラシックのLPレコード約2500枚とCD約500枚、スピーカーやアンプなどを寄贈したことがきっかけ。寄贈者の一人であるクラシック好きの小原沢、無職大久保数(おおくぼかず)さん(79)と、初音、無職島崎栄三(しまざきえいぞう)さん(80)ら有志4人がレコードなどを有効活用できないかと開催を決めた。

 音楽会は毎月第1、第3日曜日午後3時から開かれる。

地図

地図を開く 近くのニュース