ガルパン効果 2期ぶり経常黒字 鹿島臨海鉄道

茨城新聞
2016年6月18日

大洗鹿島線を運行する鹿島臨海鉄道(大洗町、上子道雄社長)が17日発表した2016年3月期決算は、経常利益が2540万円で、2期ぶりに黒字となった。同町が舞台の人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」のラッピング車両運行企画などで定期外旅客が前期比2万4千人増えた。

営業収益は前期並みの11億4697万円。軽油の値下がりなどで営業費用を抑えたが、定期旅客の減少分を補えなかった。当期純利益は同7%減の1653万円だった。

旅客輸送人員は、沿線人口の減少や少子高齢化の影響で同0・19%減の210万5千人。定期旅客は同2・1%減の129万3千人だった。ガソリンの値下がりなどによるマイカーへのシフトやスクールバス運行拡充の影響で利用者が伸び悩み、通勤・通学ともに減少した。

一方、定期外旅客は、同3%増の81万2千人。開業30周年を記念した企画乗車券の販売やガルパン企画などの誘客効果とみている。

地図 →

この付近の観光ニュース →