日本酒たしなんで夏を涼しく 栃木県内最古の蔵元で恒例「ひやガーデン」

下野新聞
2023年7月10日

今年創業350周年を迎えた栃木県内最古の蔵元、佐野市田島町の第一酒造で、日本酒を楽しむ夏の恒例行事「ひやガーデン」が開かれている。

新型コロナウイルス対策のため昨年まで設けていた人数制限を緩和し、テーブル上のパーティションも撤去。4年ぶりに従前通りの開催となった。

8日はあいにくの雨に見舞われたが、市内外から約70人が来場。倉庫内に設けられた会場には8種類の日本酒が用意され、特製弁当のほか地元産の夏野菜や名水豆腐をつまみに酒宴を楽しむ人々でにぎわった。

29日までの毎週金、土曜に開催。

⇒佐野の桃の産地で収穫期 「新鮮で甘さ十分」佐野フルーツラインで直売

「日本酒」でほかの記事を検索