昭和天皇ゆかりのアヤメ、咲き競う 那須の群生地

下野新聞
2016年5月26日

 【那須】昭和天皇ゆかりの「ナスヒオウギアヤメ」が、高久丙の群生地で青紫の花を咲かせている。

 地元の池田地区地域づくり委員会が2009年から、保護などを目的に植栽した。3カ所ある群生地のうち、県道南側の休耕田で約2千株が鮮やかな紫の花を付けている。

 ナスヒオウギアヤメは1962年、宮内庁の職員が町内で発見。昭和天皇の著書「那須の植物誌」で新変種として紹介された。

地図

地図を開く 近くのニュース