「真岡鉄道999」初運行 しもだて美術館とタイアップ

下野新聞
2016年5月22日

 【真岡】人気アニメ「銀河鉄道999」に登場するヘッドマークをSLもおか号に取り付け、真岡線下館駅-茂木駅間を1往復する「真岡鉄道999号」が21日、初めて運行された。

 同企画は、真岡線SL運行協議会と、同日から企画展「松本零士(まつもとれいじ)展-夢の彼方(かなた)へ-」を開催している茨城県筑西市丙のしもだて美術館がタイアップして実施。イベント列車は22日、6月11、12日にも運行される。

 真岡駅では大勢の鉄道ファンらが待ち構え、列車が到着すると大きな歓声が上がった。

地図

地図を開く 近くのニュース